ネイルアート 税理士 紹介

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツーリングの強い味方

2010年03月21日 23:55

キャンプするにあたって、
GIVIのトップケースだけだと容量的に少々物足りなそう。

ビジネスホテルを使用した4泊5日の四国ツーリングの時でさえ感じたんですから、
1週間キャンプするんじゃ確実に足りないっしょ。

ではサイドケースを導入か?
いや…調べてみると、高い。高すぎる。
なんでこんなに高いんでしょ?
だったら自作か。アルミケースを用いればうまくいくかも。
なんて考えながらバイクを眺めていたんですが…





[ 続きを読む ]
スポンサーサイト

九州ツーリング ルート編

2010年03月12日 13:57

九州で寄りたい場所がだいたい出尽くしたところで、
次はルートを検討しました。

1日の移動時間・滞在時間は合計最大で9時間。
朝の8時に出発し17時までには次のキャンプ場に着くように計画。

結果、下のようなルートを6日間でまわることにしました。
関東‐九州間の移動も合わせると8日間となります。









熊本、鹿児島が中心です。

それにしても九州はデカイ。
残念ですが長崎方面は回りきれません。
見所も多いようですし、次回は長崎中心のツーリングでも企画してみます。


どこ行こう?

2010年03月06日 23:00

今年のGWは九州へツーリング!

四国経由で上陸することにしましたが、
今度は九州でのルートを検討します。

ルートと言っても、まずは

・行きたいところ
・グルメスポット
・キャンプ場

を、行き方等を考慮せずに挙げていき、
その後 効率的なルートを考えます。


さて、先ずはツーリングマップルを見て、行ってみたいところをピックアップ。
真っ白な地図に場所をプロットしました。





るるぶやネットを使って、充実させていこうと思います。

グルメスポット以降はまた今度。


九州ツーリング 上陸編

2010年03月06日 21:10

キャンプの道具もだいたい揃ってきたし、次はGWの行き先を決めます。

目的地は九州!!
長期休暇が取れたんで前から行ってみたかった九州をぐるっと回ってこようと思います。

九州までのルートは…

高速を使って頑張って自走か、フェリーを使うか。
行き方はいろいろあるんですよね。
とりあえず6つの方法をピックアップしました。

1.東京→(高速道)→門司
2.東京→(フェリー)→門司
3.東京→(高速道)→大阪→(フェリー)→門司
4.東京→(高速道)→大阪→(フェリー)→宮崎
5.東京→(高速道)→神戸付近→(四国横断)→佐田岬→(フェリー)→大分 佐賀関
6.東京→(高速道)→尾道付近→(しまなみ海道)→佐田岬→(フェリー)→大分 佐賀関




[ 続きを読む ]

WARM UP SHEET

2010年03月03日 18:38

これからの季節には必要ないかもしれないが、
山の上なんかでは急に冷え込むこともあるだろうと、
mont-bellのウォームアップシーツを購入しました。








温かい分には困らないしね。
寒いとどうしようもない。

ST-310

2010年03月01日 22:03

コッヘルがあってもこれが無いと意味がない。
ストーブを購入しました。

SOTO レギュレータストーブ ST-310 です。





( 仕様 )
 外形寸法 : 幅170×奥行150×高さ110mm(使用時・本体のみ)
 収納寸法 : 幅140×奥行70×高さ110mm
 重量    : 350g(本体のみ)
 使用時間 : 約1.5時間(ST-760 1本使用時)
 点火方式 : 圧電点火方式
 材質    : ステンレス(バーナー・器具栓つまみ)、樹脂(ボンベホルダー・点火スイッチ)
 ゴトクサイズ : 200mm

 * 「マイクロレギュレーター」を搭載し、
 * 連続使用時や低温時のボンベ内の圧力低下に影響されにくく、安定した火力を発揮。
 * 燃料は経済的なカセットガスを使用。

やはりどこでも燃料が購入可能なガスタイプでしょ。
それにこれ、気温が低い時でも火力があまり落ちないらしい。

じゃあ火を点けてみるか!!と思ったんですけど、
ガス買うのを忘れてた(汗)
てか別売りだったのね。
1本ぐらい付属で入ってるだろ、なんて考えが甘かった。





なんだか六本木ヒルズに置いてあるクモの像みたい。

ゴトク部分を畳むとこんな風になります。





付属袋に収納した状態はこちら。





結構コンパクト♪
順調に道具が揃ってきました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。